株式会社ONE'S BEST(以下「弊社」という。)は、-Aista-フォロワー増殖システム(以下「当サービス」といいます。)を販売するにあたり、利用規約を以下の通り定めます。なお、当サービスのユーザは当規約に同意されたものとみなします。すべての項目に同意いただけない場合は、当サービスのご利用をお控えください。​

弊社企業情報につきましては特商法記載ページをご確認ください。

第1条(定義)

-Aista-フォロワー増殖システム利用規約(以下、「本利用規約」という。)において「ユーザ」とは、弊社が定める手続に従い、本サービスの全部または一部を利用する資格を得た法人、団体または個人をいいます。

第2条(規約の適用)

本利用規約は、本サービスの全部または一部を、ユーザが利用する場合に適用するものとし、本サービスを利用する場合、ユーザは、本利用規約に同意したものとみなします。

2 弊社は、ユーザの承諾なく本利用規約の一部を変更することができるものとします。その場合は、本サービスのウェブサイト上に掲示するか、または弊社が適切と判断するその他の方法により、ユーザに告知するものとします。

3 弊社がオンラインその他の方法により随時提示する、個人情報保護方針、マニュアル規定、ガイドライン規定等(以下、「諸規定」という。)がある場合は、諸規定は本利用規約の一部を構成するものとします。

第3条(利用契約の成立)

本サービスの利用を希望する法人または個人(以下「利用希望者」という。)は、本利用規約を承認し、弊社の定める手続に従い、弊社宛に所定の自己に関する情報(以下「登録情報」という)及び所定の希望申込内容を送信することもって利用申込をするものとし、弊社が登録情報を審査の上これを承諾しした時点において、本サービスの利用に関する契約(以下「利用契約」という。)が成立するものとします。

2 弊社は本サービスの利用申込を行った利用希望者が、以下の各号のいずれかに該当した場合、当該申込を承諾しない場合があり、利用希望者はあらかじめこれを了承するものとします。

(1)登録情報に虚偽、記載漏れ、誤記のある場合

(2)登録情報に、匿名性が高いと弊社が判断する情報が含まれている場合

(3)その他弊社が不適切と判断した場合

第4条(不保証)

弊社は、ユーザが本サービスの利用によって得る情報、データの正確性については保証せず、ユーザによって書き込まれたデータまたは取得されたデータの保存及び管理についても、一切の責任を負わないものとします。

第5条(禁止行為)

弊社は、ユーザが本サービスを利用する際、以下のいずれかに該当する情報を表示、掲載、発信、送信等した場合は、ユーザに事前の連絡、通知をすることなく当該ユーザによる本サービスの利用を中止することができるものとします。

(1) 公序良俗に反する情報

(2) 特定人物への中傷を行う情報

(3) 知的所有権の侵害を行っているおそれのある情報

(4) 個人のプライバシーの侵害、及びそれを幇助するおそれのある情報

(5) その他、弊社が不適切と判断する情報

第6条(料金・お支払い方法等)

  1. 本サービスの申し込みに関して生じる手数料等の料金については、別途当サービスホームページに定める料金体系に則り、指定のクレジットカードによりお支払いいただくものとします。

  2. お支払いには安全なAnyPayを採用しております。クレジットカードの請求にはAnyPay(エニーペイ)と記載されます。*一部異なる場合があります。

  3. AnyPayのご登録につきましては弊社がユーザから頂いた内容を基に代理でご登録するものとし、AnyPay社含む各提携の決済会社への情報提供に関してもユーザは同意するものとします。

  4. お申込み月での利用料決済はお申込み情報に記載されたクレジットカードの情報が正しい場合、原則お申込み日から起算して3日以内に行われます。またユーザはこれに同意するものとする。

  5. 初回の決済に関してはお申込み日から3日以内に決済が行われます。原則はお申込み時点で決済されます。

  6. 2回目以降の毎月の利用料金の請求に関しては各月10日、20日、28日が決済日となり、決済日の割り振りはお申込み日またはシステム開始日により異なります。(以下参照)

  7. クレジットカード会社からの実際の請求に関してはクレジットカード会社の請求サイクルに準じます。

第7条(返金に関して)
  1. お申込み後の返金はサービスの特性上一切受け付けられまないものとし、これに関してユーザは同意するものとする。

  2. 本サービスでのご利用料金の請求は申込み時点で決済が発生するものとし、システムの作動時点ではないことに対してユーザは同意するものとする。

第8条(利用停止に関して)

  1. サービスの利用停止を希望のユーザはhttp://qq2q.biz/GngY から利用停止依頼を申込む必要があります。上記より申し込みがない場合はサービスの利用停止は完了していないものとし、それに対してのサービス利用料は発生するものとする。

  2. サービス利用停止に伴う請求の停止はお申し込み日が各月1日~15日のユーザは毎月14日23:59分以前、お申し込み日が各月15日~月末の方は毎月15日〜28日の間にての申告であれば当月のみの請求が発生し、翌月以降の請求は発生しないものとする。※初月のみで解約を希望の際でも最低2カ月分の請求は発生しますのでご了承ください。  上記の利用停止の指定日を超えての申告がある場合は翌々月に請求を停止し、翌月分の請求は実行されるものとし、ユーザはこれに同意するものとする。またお申し込み月にシステムの解除を行う場合も以上に沿ってシステム解除申請を行うものとする。

  3. 利用の停止は必ず利用停止申請を必するものとし、こちらより申請が正常に行われた時点で利用停止が完了したものとする。

第9条(サービスの中断)

弊社は、以下のいずれかに該当する場合には、本サービスの提供の全部または一部をユーザに事前の通告なく中断することができるものとします。またそれに伴うユーザ、または第三者含むすべての損害に関しては弊社は一切の賠償責任を免れるものとする。

⑴ 設備・システムの保守を実施する場合

⑵ 天災、停電、紛争等の非常事態や不可抗力により本サービスの提供ができなくなった場合

⑶ その他弊社が本サービスの管理または運営上、中断が必要と判断した場合


第10条(営業代行業務経由での申し込み)

  1. 当サービスは、営業コンサルタントパートナー(営業代行業務を行う個人または法人)経由で申し込みをした場合、営業コンサルタントパートナー担当者の説明を理解した上で申込みをしたものとする。

  2. 営業コンサルタントパートナー担当者からの説明に相違がある場合なども弊社に対しての異議申し立ては一切受け付けられないものとする。

  3. 弊社は営業コンサルタントパートナーとユーザ間に生じる問題に関して発生する一切の責任を免れるものとし、営業コンサルタントパートナーとユーザ両者もこれに同意するものとする。

  4. 不払いなどが発生した場合、一定期間、弊社また決済代行会社への連絡に返事がない場合、紹介元への通知をおこおなうものとし、これに同意するものとする。

第11条(利用用途の変更)

ユーザがお申込み後、法人登録から個人登録、または個人登録から法人登録へのプラン変更、に関しては、変更が発生した月は個人プラン・法人プランの両方で請求が発生致します。サービスお申込み前に必ずご自身の利用用途に合わせた申し込みをお勧めいたします

第11条(当サービスの性質)

当サービスの性質について、以下の点にご留意ください。

⑴ 当サービスはいかなるInstagram(以下、インスタグラム)、Facebook社とパートナー提携しているサービスではありません。また、インスタグラム側が当サービス内容を保証しているものではありません。

⑵ 当サービスを利用し何らかの理由でInstagramのアカウントが停止された場合、当社は責任を一切負いません。全て利用者の自己責任での利用をお願いいたします。

⑶ 当サービスはインスタグラムのAPIから情報を取得しており、その際にインスタグラムのユーザ、パスワードを利用します。当社は第三者にユーザ名及びパスワードの開示はおこないません。

⑷ 当サービスは、フォロワー、いいね、コメントの増減を保証するサービスではありません。増減数には様々な要因(投稿内容・アカウントカテゴリー)によって変化があります。

⑸ 当サービスを利用して悪質な行為を行なった場合は、通告なく当サービスのアカウントを停止いたします。

⑹ 弊社は、当サービス経由で増えたフォロワーが、利用者に対してスパム行為を行なった場合、当社側でそのスパム行為を制御することは出来ません。該当のスパムユーザの情報をインスタグラム側に報告していただく等の対処をお願いいたします。

⑺ 当サービスは、インスタグラム側の仕様変更により、利用できなくなる場合がありますので、当サービス全機能の継続利用を保証しておりません。またその際に発生する損害、またご利用料金の返金、保証は一切できません。

⑻ 当サービスは、当社の都合により通告なくサービスを停止する場合を利用者は認めるものとし、それに関しての一切の不服申立てをできないものとします。

第12条(合意管轄)

本サービスの利用に関連し、弊社とユーザとの間に訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を専属合意裁判所とします。

第13条(準拠法)

本利用規約に関する問題は、日本法を準拠法とします 。